たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

ハニーコーヒー

皆さん、こんばんは。今、私は明日のケーキ仕込みをしながらブログを書いています。定休日にお店でじっくりケーキを焼くのも心が落ち着いていいものです。さて新しいコーヒー豆のご紹介です。コスタリカのエルバス農園のハニーコーヒーです。ハニーといっても蜂蜜が入っているわけではありませんよ。名前の由来は「ハニー製法」というコーヒー豆の精製方法からきています。ハニー製法とは、収穫したコーヒー豆の果肉を除去し、さらに除去した果肉のまわりにあるヌルヌルのペクチン層(粘質物)を残したまま乾燥させる製法です。ヌルヌルをたくさん残す順にブラックハニー、レッドハニー、イエローハニーと名称が変化します。中米ではヌルヌルの粘質物を「ミエル」、蜂蜜のことも「ミエル」と呼ぶので粘質物がついたコーヒーをハニーと呼ぶようになったそうです。今回ご紹介するのはイエローハニーです。豆を挽いた時はキャラメルコーンのような甘い香り、飲んでみると、ソフトな甘みと滑らかな舌触りが特徴です。従前から販売しているラ・ロマ農園のチョコレート+フルーツ風味とはまた違ってとにかく甘いコーヒーです。実はアイスコーヒーにしてみてもおいしいですよ。明日はこの豆をたくさん焙煎しますので、皆さんぜひお試しください!

右はスペインで買ってきた蜂蜜です!(裏にはちゃんとスペイン語でミエルと書いてありましたよ)

P1030662.JPG

このページの上へ