たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

Instagramfacebook

お知らせの記事リスト

5月16日(木)は臨時休業いたします。

誠に勝手ながら、5月16日(木)は臨時休業させていただきます。なお5月14日(火)と15日(水)は定休日のため、5月14~16日は3連休となります。ご不便をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。P9250566.JPG

丘の上のパン屋様1周年イベント!

令和元年のスタートとともに、こちら美しが丘西でも新たな歴史が刻まれましたよ。メディア等でも話題の『丘の上のパン屋』様の1周年コラボイベントで当店は出張ハンドドリップコーヒーを提供させていだだきました。朝からたくさんのお客様がご来店され、時折眩しい日差しがさして、1周年をお祝いしているかのようなすばらしい一日でした。改めて、丘の上のパン屋様、1周年本当におめでとうございます!そしてこのような機会を頂けて、ありがとうございました。これからも感動的でおいしいパンを焼いてください!当店もパンに合うようなおいしいコーヒー豆をご提供させていただきますので、末永く宜しくお願いいたします。本日ご来店のお客様、誠にありがとうございました。

P5030890.JPG

0.jpg

0.jpg

GW期間中の営業日について

10連休期間中は4月30日(火)と5月1日(水)の2日間が休業となります。それ以外は通常通り営業いたします。5月1日(水)は、丘の上のパン屋さんの1周年を記念して、出張ドリップに行っています。皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

PC170298.JPG

メキシコCOE入賞豆が入荷です。

メキシコの2018カップ・オブ・エクセレンス(COE)入賞豆が少量入荷しました。
口に含んだ瞬間広がるココアのような甘さに、ウエハースのような軽やかな香ばしさも伴って、大変美しい余韻が特徴のコーヒーです。春の優しい日差しを浴びて、心地良いコーヒーアロマがお部屋に広がりますよ!COE受賞豆の実力をお試しください。100g 1,620円(税込)
生産国:メキシコ
収穫年度:2017/2018
農園:サンバブロ農園
地域:オアハカ州 サンミゲル・デル・プエルト
品種:ブルボン・ムンドノーボ
精製方法:水洗式

P3231422.JPG

 

 

 

グァテマラの手仕事&コーヒー展開催!

@office_sabasaba さんがカフェブランコにやってくる!
中米グァテマラの手編み・手織り・天然染料での手染めによるバッグや小物雑貨を中心に、普段は静岡県焼津の工房で製作・販売活動されているSABASABAさん。今回、同じくグァテマラ産のコーヒーを多くお取り扱いしている当店とご縁をいただき、グァテマラ繋がりのコラボイベントを開催することになりました。
「グァテマラレインボー」と呼ばれる、マヤの民族衣装に代表されるようなカラフルな織物を使用したSABASABAさんの製品は一見の価値ありです!
どれも素敵な手作業の一点ものばかり。私も欲しいものだらけで困っております。
現地の貴重なお話が聞けるトークイベントも開催します!
<展示販売>
日時:1/24(木)・25(金)・26(土)
時間:10:00~18:00
会場:カフェブランコ

<ランチ付スペシャルトークイベント>
日時:1/24(木)・25(金) 
時間:12:00~13:00 ※要予約
参加費:800円 グァテマラコーヒーとパン付(丘の上のパン屋さんのパン @okanouenopanya )
内容:たびたび現地に訪問しているSABASABA代表實石氏による、グァテマラの手仕事によるもの・ことづくりの取り組み、またそこから見える失われつつある手仕事の現状を現地の写真や手織物を交えてお伝えします。
※会期中はカフェ営業・珈琲豆販売は通常通りおこないます。
カフェの一部が貸切となります。
~以下、SABASABA HPより抜粋~
ラテンアメリカの中米に位置するグァテマラは、手織物や民族衣装の宝庫。

色彩あふれる織物を人々は「グァテマラ・レインボー」と呼ぶ。

その密度の高さ、豊かさは世界でも稀にみる国の一つ。

古代から引き継がれた織りは、マヤの末裔たちによって、

今もなお、連綿と織り継がれている。

office SABASABAはこの『グアテマラ・レインボー』を

出来る限り天然素材を使用し、手仕事によってカタチにしました。

グアテマラでのモノづくりを通じ、伝統を継承しつつ、さらに発展させ、

作り手・使い手、そして地球に優しい製品をお届けすると共に、

地球と人との新しい共存の道を提案していきます。

P1111404.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8
このページの上へ