たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

Instagramfacebook

お盆期間中も通常営業いたします。

こんにちは。昨晩は涼しかったですね。カフェブランコの目の前の保木公園を歩いていても爽やかで散歩にはちょうどよいくらいですよ。カフェブランコはお盆期間中も通常営業いたします。8月のお休みは11日(火)12日(水)19日(水)25日(火)26日(水)となります。ご家族が集まるこの期間、おいしいコーヒーとシフォンケーキ、コーヒーゼリーをご用意して皆さまのお越しをお待ちしております。シフォンケーキは事前にご予約頂ければホールでの販売もさせて頂きます。それでは皆さま、楽しい午後のひと時をお過ごしください。

カフェブランコの向かい側の保木公園ではすごい数のセミの抜け殻を発見できます。

P1030708.JPG

今日もミンミン音全開で頑張っているようです。セミのパワーには脱帽です。

P1030709.JPG

 

 

農園名でお買い求め

こんにちは。暑い日が続いていますね。暑い時はもちろんアイスコーヒーがお勧めですが、冷たい物ばかり飲んでいると夏バテしてしまうので、たまには涼しくなった夕方以降にホットコーヒーをゆっくりススるのもいいですよ。ブランコでは最近、農園名でコーヒー豆をお買い求めのお客様が増えてきましたよ。「ラ・ロマ農園200gください。」と一言・・・・・。なんて素敵なのでしょう!生産国名のコスタリカではなく、生産農園名の「ラ・ロマ農園」で覚えて頂けるなんて、焙煎屋冥利につきます。実はラ・ロマ農園は、私が一番最初に口にしたスペシャルティコーヒーなんです。コスタリカ・タラス地区という標高約1800メートルにある農園で、柑橘系の酸味とチョコレートのようなほろ苦さもある本当にバランスが良いおいしいコーヒーです。カフェブランコの看板商品ですので、いつもたくさん焙煎しています。これからコーヒー豆の種類がだんだん増えますので、皆さんもお気に入りのコーヒーは農園名で覚えて頂けると幸いです。あっ、他店で、農園名ご指定でコーヒー豆をお買い求めになると、店員が身構えて青くなってしまうことがあるのでご注意くださいね(笑)。

コーヒー雑誌のワンシーンのようなカットですな。

P1030673.JPG

 

ラ・エスぺランサ農園

こんにちは。今日から3連休の方も多いのではないでしょうか。連休はどこも混んでいるしお家でゆっくりしたい方にニュースです!グアテマラ「ラ・エスぺランサ農園」より大粒豆が入荷しましたので、ご紹介いたします!最近、コンビニで販売されているコーヒーでグアテマラ、アンティグア産などと良く耳にしますが、今回のお豆は、アンティグア地区よりさらに険しく高地のウエウエテナンゴ地区にある農園のお豆です。こちらの農園は、グアテマラ国内の品評会でも幾度も入賞歴があるすばらしい農園です。特に今回ご紹介する大粒豆(パカマラ種)は希少で高級品種とされています。大粒豆独特の甘さとトロピカルフルーツのような香味が特徴で、当店で従前から販売しているエルインヘルト農園のお豆とはまったく違う香味です。今回はこちらシティーロースト(中煎り)ですので、はじけるような果実感をお家でゆっくりお楽しみください!コーヒーゼリーもグアテマラ豆を使用していますので、コーヒーゼリーと一緒にコーヒー漬けになりましょう!

今日はグアテマラ2種、コスタリカ2種、ホンジュラス1種、ニカラグア1種の計6種類で中米パワー全開ですよ!!

P1030683.JPG

他のお豆と比べると、こんなに大きいんです!左が今回のパカマラ豆です。かわいいですね。

P1030684.JPG

コーヒーゼリーはじめました。

こんばんは。今日は久しぶりにスカッと晴れて夏を感じましたね。さて、これからの暑い季節にピッタリのコーヒーゼリーがカフェブランコに仲間入りしました。深煎りの中米産スペシャルティコーヒーを贅沢に使用したカフェブランコオリジナルゼリーです。はっきり言って超自信作ですよ!シロップとミルクを入れる前に、是非そのまま召し上がってみてください。口いっぱいにコーヒーの深い香りがフワーッと広がり、鼻に抜けていきます。いつまでも心地よい余韻が残りますよ。そしてシロップとミルクを入れた後も、しっかりと深い香りが残り、コーヒーの苦みとシロップ・ミルクの甘みが絶妙なハーモニーを奏でます!皆さん是非お試しください。

P1030676.JPG

ハニーコーヒー

皆さん、こんばんは。今、私は明日のケーキ仕込みをしながらブログを書いています。定休日にお店でじっくりケーキを焼くのも心が落ち着いていいものです。さて新しいコーヒー豆のご紹介です。コスタリカのエルバス農園のハニーコーヒーです。ハニーといっても蜂蜜が入っているわけではありませんよ。名前の由来は「ハニー製法」というコーヒー豆の精製方法からきています。ハニー製法とは、収穫したコーヒー豆の果肉を除去し、さらに除去した果肉のまわりにあるヌルヌルのペクチン層(粘質物)を残したまま乾燥させる製法です。ヌルヌルをたくさん残す順にブラックハニー、レッドハニー、イエローハニーと名称が変化します。中米ではヌルヌルの粘質物を「ミエル」、蜂蜜のことも「ミエル」と呼ぶので粘質物がついたコーヒーをハニーと呼ぶようになったそうです。今回ご紹介するのはイエローハニーです。豆を挽いた時はキャラメルコーンのような甘い香り、飲んでみると、ソフトな甘みと滑らかな舌触りが特徴です。従前から販売しているラ・ロマ農園のチョコレート+フルーツ風味とはまた違ってとにかく甘いコーヒーです。実はアイスコーヒーにしてみてもおいしいですよ。明日はこの豆をたくさん焙煎しますので、皆さんぜひお試しください!

右はスペインで買ってきた蜂蜜です!(裏にはちゃんとスペイン語でミエルと書いてありましたよ)

P1030662.JPG

< 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24
このページの上へ