たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

Instagramfacebook

今年もありがとうございました。

今年もたくさんのコーヒーをお買い上げありがとうございました。思えば、5月にはおかげさまで5周年を迎えることがでしましたが、そのころはコロナ禍で大変な状況だったことを記憶しています。しかしながら、そんな状況下でお客様との絆がいっそう強くなったことを確信しました。私たちにとって今年はとにかく『感謝』の1年でした。お客様、コーヒー生産者の方々、コーヒー関係者の方々に感謝いたします。来年は世の中が良い方向にむかっていくことを願います。どうか引き続き来年もカフェブランコをよろしくお願いいたします。皆様、良い年末年始をお過ごしください。

PC122132.JPG

31日まで休まず営業いたします。

年内は31日まで休まずに営業いたします。カフェは26日(土)27日(日)のみ営業いたします。

新年は7日(木)より営業いたします。

年末年始にふさわしい特別なコーヒー豆をたくさん焙煎して皆様のお越しをお待ちしております。

PA241869.JPG

クリスマスブレンド2020

今年のクリスマスブレンドのテーマは、『キラキラ光るようなコーヒー』です。昨年のワイニーな感じとはまったく違うシルキータッチと甘さが特徴で、最後の一口までキラキラしますよ。キラキラと輝く秘密は、ブレンド比率と焙煎度合いなのです。今年は良い豆がたくさんあるので、例年以上に豆の選定に苦労しました。良い豆どうしをいつもの焙煎度でブレンドすると、お互いの良さが消えてしまうのです。お互いの豆の良さを引き出すブレンドとは何か、店主妻にもたくさんダメ出しされた結果、素晴らしいクリスマスブレンドが完成しました。今年をしめくくる特別なブレンドですので、ぜひお試しください。PC122127.JPG

サンタ・ルシア農園ゲイシャ種

最高品質のゲイシャ種が中米ホンデュラスから届きました。こちらの農園のゲイシャ種は、なんと2019年カップオブエクセレンスで1位を獲得したのです。ニカラグアを中心に農園展開しているミエリッシュ家が、ホンデュラスに所有しているサンタ・ルシア農園にパナマの名門ドンパチ農園から譲ってもらったゲイシャ種を植えたという由緒正しきストーリーもコーヒーファンを泣かせます。ゲイシャ種に対する並々ならぬ研究と土壌が奇跡を生んだのか、カップオブエクセレンスでも驚異的な高得点で優勝しました。ピーチやジャスミン等々ゲイシャ種ならではのフレーバーはもとより、ベルガモットやオレンジなどとても複雑なフレーバーが絡み合う最高のゲイシャです。ぜひお試しください。

★11月7日から21日まではネットショップは5%OFFとなりますよ!

ホンジュラス ゲイシャ2.jpg

セロ・アスール農園(ナチュラル)

久々に中米ホンデュラスから、素晴らしいコーヒーが届きました。この農園のコーヒーを覚えておられる方は、かなりのブランコ通ですよ。3年ほど前にファイナルハーベストと銘打ってケニアのSL種のような独特の果実感でブイブイ言わせていましたね。今回入荷したロットは、果実感、バランス感、透明感のどれをとっても中米トップクラスの出来です。天日干しのナチュラル製法ですが、ワイルド過ぎず飲み飽きないコーヒーに仕上がっています。ナチュラル製法の中米豆と言えば、ニカラグアのカサブランカ農園、グアテマラのロズマ農園が印象的ですが、このコーヒーはそのどれとも違うエレガントなフレーバーが特徴です。ローストが難しいナチュラル豆ですが、店主の焙煎技術の進化にも注目してくださいね。

100g918円(税込)

PA111868.JPG

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページの上へ