たまプラーザ スペシャルティコーヒー「Cafe Blanco(カフェブランコ)」

12月13日(火)渋谷でイベントをやります!

12月13日(火)渋谷でイベントをやります!
私の師匠の栢沼氏が営む「カフェテナンゴ」さん、仙川の「カフェカホン」さん、そして「カフェブランコ」の3ロースターが自慢のコーヒー豆のサンプルを持ち寄ってカッピング会(≒テイスティング会)を渋谷のビノワカフェさんで開催します。全部で10種ほどで、カッピングだけでなく、ドリップコーヒーを飲むことも出来ます。時間内であればいつでも来場、退場OKです。お仕事帰りにお気軽にご参加ください。気に入ったコーヒー豆は、その場で購入できますよ!
カッピング初心者の方には指導いたします。
皆さん、会場でお待ちしております。
会場:ビノワカフェ
(東京都渋谷区神宮前6-24-2 芳村ビル2F)
HP:http://www.kyodogashi-kenkyusha.com/cafe/
開催時間:19時~20時
※参加費無料
※予約不要
※当日、ビノワカフェに直接お越しください
 お待ちしております。

栢沼師匠焙煎のコーヒーも会場で飲めますよ!中米の最新事情を直接きいてみましょう!

P9090115.JPG

カッピングとはコーヒー液を口に液状にして吸いこんでフレーバーをチェックする儀式です。皆さんのご参加お待ちしています!

P1030103.JPG

イエローパカス(ホンジュラス)

12月最初の新登場豆のご紹介です。長らく品切れしていたホンジュラスのセロ・アスール農園から「イエローパカス種」が入荷しました。店主はホンジュラス産の豆のことを、『暴れ馬』と呼びます。何故かというと、焙煎が難しく少しでも気を抜くと、とんでもない味になってしまうからです。「パカス」とは、エルサルバドルで発見された突然変異のお豆で、黄色い実がなるコーヒー豆は、とても珍しいのですよ。特徴は何と言ってもキャラメル感!加えてホンジュラスらしいまとわりつくようなコクがきらりと光ります。なんとも賑やかなコーヒー豆で、明るいフレーバーは、ラ・ロマ農園やシャングリラ農園を脅かす存在ですが、少量入荷なのが残念です。試飲されたお客様からは「おいしい!」との声が連発でした。皆さんも早くホンジュラス旋風に巻き込まれてください。
100g 918円(税込)

袋をあけただけで、焙煎していないのに、新鮮な生豆の香りがします。

PB260273.JPG

袋にはこのようなタグが張ってあり、出荷記録や精製方法がスペイン語で記載されています。

PB260274.JPG

シャングリラ農園(エルサルバドル)

とてもエレガントなコーヒー豆が入荷しました!その名も『シャングリラ農園』。何だか高級リゾートを彷彿させますね。コーヒー豆のユートピア(理想郷)なのでしょうね。エルサルバドルのアパネカという名産地で収穫された小粒のブルボン種です。見事に『さび病』というコーヒー特有の病気から復活を遂げた奇跡の豆なのです。焼き立てパン、チョコレート、小さな赤い実のフルーツ等を連想させる実に心地良いコーヒーなのです。飽きない普段飲みコーヒーとして貴重な存在になること間違いなし。
ブランコではラ・ロマ農園(コスタリカ)と人気を二分する勢いです。ロマ農園より少々チョコのフレーバーが強い感じがたまりません。エルサルバドルファンの方、必ずお試しください。損はさせません。
100g 864円(税込)
※この写真は私のユートピア(理想郷)?であるモルディブのあるリゾートです。ああ新婚旅行を思いだす・・また行きたいな・・・・・。

20131109 003.JPG

ラ・エスメラルダ農園(ゲイシャ種)

こんにちは。店頭にてご予約を承っておりましたラ・エスメラルダ農園(パナマ)のゲイシャ種がいよいよ本日から販売開始となります!すでにご予約もたくさん頂き、ブランコはざわついています。ご予約ありがとうございます。ゲイシャ種は害虫に弱く栽培が困難で希少性が高いため、品評会で高値で取引されることで有名です。特に名門のラ・エスメラルダ農園の豆は伝説の豆とも言われています。その独特の柑橘系の香りと紅茶のようなフレーバーを足して2で割った感じは、まるでブラットオレンジジュース!これは一度は飲まなくてはいけません!このフレーバーが出るまで焙煎も幾度となく失敗を繰り返し、ようやく満足いく焙煎ができましたので皆様、ぜひお試しください。
100g 1,850円(税別)

P9090100.JPG

焙煎も相当苦労しました。でもようやくゲイシャフレーバーが出ましたよ!

PA140161.JPG

< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページの上へ